埼玉県さいたま市 やきとり 志げる 北浦和本店|利用者の声|飲食店専用POSレジならワンレジ

  • お電話
  • menu
close
0120-90-5199営業時間:平日10:00〜19:00
  1. 飲食店専用POSレジ ワンレジ
  2. 利用者の声
  3. 埼玉県さいたま市 やきとり 志げる 北浦和本店

お客様により愛されるお店へと、ワンレジが変えてくれた。

埼玉県さいたま市 やきとり 志げる 北浦和本店
JR北浦和駅前から一本入った路地にある、大きな提灯がかかったノスタルジックな店構えが特徴のこちらのお店は、地元で40年近く愛されている老舗。焼き鳥はもちろん、その日に〆た新鮮な豚肉を使った串焼きやもつ煮込みなどが人気。日替わりのメニューもたくさんあって、小林さん自ら手書きしているそう。3000円もあれば大満足できる良心的な価格設定ということもあって、連日地元の方を中心に大賑わいの人気店だ。

イートイン・テイクアウトの使い分けが簡単なレジを探していた。

ワンレジ導入前は、いわゆるガチャレジを使っていました。先代の父が導入したもので、もう15年は使っている古いレジでしたね。もともと画面が無いので打ち間違えも頻発していましたし、最近は故障も多くなってきたためそろそろ替え時かなと考えていました。うちは串の持ち帰りもしているので、軽減税率施行後に商品の税率の切り替えが素早く出来るものがいいなと思っていました。レジといっても色々な種類があるので、自分で調べてみてもどれがいいのか全く分かりませんでした。同時に、レジの入れ替えを検討していると知り合いの飲食店経営者に話したところ、その方もちょうどレジを替えたタイミングだったらしく、そのレジがワンレジだったんです。知り合いも使いやすいと言っていたこともあり、信用出来るなと思ったため話を聞いてみようと思いました。

 

昔懐かしい雰囲気を守り、お客様により満足してもらう為の決断でした

導入の決め手はいくつかありますが、一番の理由はお客様の満足度向上のためです。フードは1階のシェフが、ドリンクはホールがそれぞれ作ることになっており、ドリンクは2階でも作れます。このシステム上、2階席でオーダーを受けたら先にドリンクを作り提供し、その後1階に降りてフード担当に伝票を渡す流れになっていました。忙しいときはドリンクの注文が次から次へと入り、フードがどんどん後回しになってしまうことが原因でお客様からクレームが入ることが多くありました。レジの入れ替えは、正直とても悩みました。うちはお店を開いた時からほとんど変わらない店構えでやっているので、昔ながらの紙の伝票も風流でいいなと思っていました。それでもお客様のことを考えたときに、絶対に改善しないといけないポイントだなと思って決断しました。ワンレジは、伝票の中の必要な情報だけを、指定したプリンターで印刷することができます。実際に今、ハンディでオーダーをとったらフードの伝票だけが1階に流れるように設定しています。簡単な料理なら、2階でドリンクを提供し終えてから1階に降りていく間にすでに料理が出来ているんです。お店側としても目に見えて効率が上がっていますし、お客様も待たずに満足できる。本当にいい機能だと思います。

 

会計時間が短縮され、売上金の誤差も無くなりました!

一番の売りの商品は焼き豚、焼き鳥なので、食べ方にもいろいろな種類があります。例えば塩・たれのどちらなのか、焼き方も選んでもらえるように設定しています。また、何種類かの串の中からいくつか選んでもらえる、アラカルト的なメニューなどもあってとにかく細かいので、オプションがいくつも付けられるのはすごく助かっています。それにやはり、お会計が早くなりました。前までのレジは液晶画面もないので、焦っているときに多発する打ち漏らしにもレシートが出るまで気付けず、また打ち直し…。気づいたらレジに列が出来ているなんてこともありました。平均して3分ほどかかっていたお会計が以前の1/3程度の時間で終わるようになりましたし、人件費の削減にもつながっています。またワンレジを導入する際、席数が多い中席にタブレットを導入しなかった理由は、これからもずっと愛されるお店であるためにお客様とのコミュニケーションをしっかりと取ることです。お会計の時間が削減できた分、今まで以上に接客に力を入れていきたいです。

 

長く使い続けて、データが蓄積されていくのが楽しみです。

つい最近、差し込んで印字するタイプのタイムカードをやめて、ワンレジ上のタイムカードを使い始めました。母が経理を担当しているのですが、「給与計算がものすごく早くなった」と喜んでいました。

うちでは新しいルールが出来たら、知っている人が知らない人に教えてあげることで周知されていくようなスタイルをとっています。そのため複数の業務を同時に変えてしまうと、営業中思わぬトラブルが起きてしまう可能性もあります。タイムカードを使いこなせるようになってから仕入れや支出の管理に着手していきたいと思っています。今は使い始めてまだ半年なので、あと半年ほど経って1年間の流れがデータになってから活用していくつもりです。

よく来ていただくお客様や宴会の顧客管理なども活用していけたら、うちが大事にしているお客様とのコミュニケーションにも役立てられ、いい店づくりができると期待しています。

※取材当時は旧ブランド「はんじょうPOSレジ」をご利用されています。

 

長年使い続けた愛着あるレジを、ついに卒業。すべてはお客様満足度向上のためでした。
フロアは1階と2階で分かれており、注文時には情報伝達がうまく行かず
お叱りを受けることがありました。
風情が残る手書き伝票は、注文回数が多いために会計伝票が長くなり、打ち漏れが多発。
お帰りの際に、お客様をお待たせしていました。
―最初から最後まで、お客様には気持ちよくお帰り頂きたい。―
その気持ちにワンレジは寄り添い、機能を発揮しています。
イートイン、テイクアウトの消費税切り替えもスムーズなワンレジは、
飲食店のスマートな経営を支えています。

やきとり 志げる 北浦和本店

公式サイト: https://shigerukitaurawa.owst.jp/
住所: 埼玉県さいたま市浦和区北浦和3-1-7
電話番号: 048-832-1580
営業日: 月~土、祝前日
営業時間: 16:30~23:15 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:45)