北海道釧路市 ジョイパックチキン|利用者の声|飲食店専用POSレジならワンレジ

  • お電話
  • menu
close
0120-90-5199営業時間:平日10:00〜19:00
  1. 飲食店専用POSレジ ワンレジ
  2. 利用者の声
  3. 北海道釧路市 ジョイパックチキン

3店舗同時導入で、各種集計を行う経理スタッフの業務時間は激減!

北海道釧路市 ジョイパックチキン
北海道釧路市(たんちょう釧路空港から車で約30分)の立地にauショップ併設店舗として「カフェブランドール」、鯛焼きフランチャイズ店「たい夢」を2018年より運営。居抜き入居だったため前店舗が導入していたレジをそのまま利用していたが、2019年6月に新築改装店舗として飲食3店舗目となる釧路のソウルフード”カレーチキン”を提供する「ジョイパックチキン」をオープンするにあたりPOSレジを探し、軽減税率施行のタイミングで3店舗全てのレジの入れ替えを実施した。

時期を見て導入。効率性を考えたら、これからはPOSレジです!

メイン業態であるauショップでは、2004年頃から店舗管理用のPOSレジを導入していました。効率性や伝票集計の手間を考えると、居抜き仕様のままだった飲食店舗のレジもタイミングをみてPOSレジに切り替えたいと思っていました。ただ、鯛焼き店もカフェも元々居抜き店舗で使用していたレジが備わっていたこと、入れ替えの緊急性を伴うほどの売上には至っていなかったことから、導入を先送りにしていました。

そんな折、2019年6月に釧路市内の住民であれば誰もが知る釧路のソウルフード”カレーチキン”を提供する「ジョイパックチキン」2号店を当社でフランチャイズ店舗としてオープンすることが決定し、集客が見込める新装店舗であったことと軽減税率施行のタイミングが重なり、レジの入れ替えを決めました。これまでの2店舗では全ての注文を伝票に手書きで記入し、その伝票を翌日に経理スタッフが入力するという業務が毎日2時間ほど発生していましたが、ワンレジの導入に至ったことで3店舗分の様々な計算が一瞬にして自動化されたため、単純業務の作業時間が大幅軽減しています。

 

年代を問わない「使いやすさ」と「サポートの手厚さ」が選定の決め手

飲食店舗のスタッフ属性は、高校生のアルバイトから50代のパートさんまで幅広い年代がいることから、どの年代でも直感的に使用できる使いやすさ(操作性)を一番に考えリサーチを行っていました。初めはインターネットの検索でよく目にする主要3社と飲食に特化しているというワンレジを含む4社に絞りましたが、画面の見やすさ・使いやすさという点で、最終的に他社レジとワンレジでの検討となりました。レジは一度導入するとなかなか変えられるものではないので、導入前に色々と質問をして理解を深めてから決定しようと何度か問い合わせを行いました。サポートの対応という点で比較し、導入前の細かい質問への対応や導入後の使い方レクチャーなど、総合的な【サポートの手厚さ】はワンレジが勝っていました。使いやすさという意味ではあまり大差がなかったと感じましたが、ずっと使い続けることを前提としていたため、導入前も導入後も質問があれば理解できるまで丁寧に対応してくださった、ワンレジ担当者さんの印象がとても良いことから導入を決めました。

 

遠隔でリアルタイム売上を確認!落ち込んでいる日は直接声かけも。

ワンレジを導入してからリアルタイムの売上をよく確認するようになりました。auショップ含め当社の運営店舗は全て隣接しているので、売上が伸び悩んでいる時間帯などがあればちょっと現場に顔を出して本部から一声かけに行くようなアクションができるようになりました。例えばジョイパックキッチンの場合は、「ポテトやドリンクもご一緒にいかがですか?」と一言添えるだけで注文が入るので、売上が落ち込む日や時間帯があったとしてもリアルタイム確認を行うことで、即座にリカバリーできるようになったのは大きいと思います。また、たい夢の場合は毎月6日を「たい夢の日」として120円で商品の提供を行っているため、多くのお客様が来店されます。ワンレジ導入前は2つに分けないとホチキスで止まらないほどの伝票枚数だったため、何がどのくらい注文されたかの集計業務を翌日丸一日がかりで行っていましたが、導入後は集計後に行っていた原材料の仕入れもリアルタイムデータのおかげで当日発注ができるようになりました。ざっくり感覚だった発注量も数値に基づき発注・管理ができるようになったため、食材ロスの軽減にも繋がっています。

 

売上と人件費のバランスを予測し、シフト管理を行いたい。

どの店舗がどの時間帯にどのくらいのお客様が入店し、どのくらいの売上が上がっているかなど、曜日・時間帯での平均値やトレンドなどが見える化されつつあるため、今後は数字を見ながら人件費とのバランスを図っていきたいと考えています。原価データの入力を完了させて最終的な粗利益まで数値化できたのが、入力のハードルが低かった「たい夢」の10メニュー程度だけなので、ジョイパックキッチン、カフェでも今後原材料の登録を行い、売上・人件費だけでなく原価も加味した粗利益までトータル的にモニタリング出来たらと考えています。また、auショップを経営していることもあり、最近はau PAYを利用されるお客様も増えてきたため、キャッシュレス支払いの連動が可能になったらこちらの対応もスムーズに行えるように、これからバージョンアップする機能もどんどん使っていきたいと考えています。

 

高機能のレジに入れ替えるほど売上の緊急性がない事から、もともとあったレジを
使用されていたワイズさん。
集客を見込める新店舗オープンと同時に、リピーターを逃さず仕掛ける戦略に変更しています。
ワンレジを導入したことで、手書き入力で行っていた毎日2時間の集計は即時対応され、
月60時間もの作業時間が削減されました。
また分析力だけに留まらず、操作性とサポートの手厚さでワンレジは選ばれています。
キャッシュレス決済など、急速に広がる時代。
目まぐるしいIT化にもワンレジは足並みを揃え、お客様の目に映る景色を広げます。

ジョイパックチキン 昭和店

住所: 〒084-0909 北海道釧路市昭和南3-16-23
電話番号: 0154-53-1010
営業日: 不定休
営業時間: 11:00~19:00