栃木県日光市 レストランらんぶる|利用者の声|飲食店専用POSレジならワンレジ

  • お電話
  • menu
close
0120-90-5199営業時間:平日10:00〜19:00
  1. 飲食店専用POSレジ ワンレジ
  2. 利用者の声
  3. 栃木県日光市 レストランらんぶる

2年以上前からレジ切り替えを検討。従業員の業務が確実に効率アップ!

栃木県日光市 レストランらんぶる
東武日光駅から徒歩1分。9月~12月前半までの紅葉の時期を中心に観光客で賑わうこの地に開業して100有余年の伝統を持つ「レストランらんぶる」。地元食材を使用した名物のゆば料理をはじめ、和食、洋食、麺類と幅広いメニューを提供し、繁忙期には日本のみならず海外からの観光客で店内は一日を通して満席状態だという。東京都心を中心にハンディ端末とPOSレジを活用する店舗が増えている状況を目の当たりにしたオーナーが、2年ほど前からPOSレジの導入を検討。働くスタッフが導入した際に混乱しないようスタッフの意見を取り入れ、かつ繁忙期を避けながら慎重に導入を実現した。

2年ほど前からレジの買い替えを検討。従業員が納得してくれたことが導入の決め手。

元々、電化製品に興味があり新しい電化製品の情報を仕入れるために秋葉原を中心に東京へよく行っていました。東京の飲食店のほとんどは数年前からPOSレジやハンディ端末を導入していたこともあり、自分のお店でも2年ほど前からレジの買い替えを検討し始めました。インターネット検索で色々なPOSレジを検索し、最終的に3~4社に絞って検討、その中から直接営業担当が来てくれたワンレジを導入することにしました。POSレジへの変更やハンディ端末の導入に関しては従業員から反対の声も挙がっていましたが、使い方の実演を実際に見て使用方法が煩雑ではないということはわかると、みんな納得してくれました。導入する時期は特に慎重に検討しました。GW時期の5月、夏休みの7~8月、紅葉時期の10月~11月など、観光客で混雑する繁忙期を避け2019年9月に導入しました。

 

従業員が2週間で使いこなせるように。本格導入までがスムーズでした。

一番には、従業員が実際に使ってみて使いこなせたからという点が決め手です。レジもハンディも使うのは従業員なので、本格導入の前にみんなに慣れてもらう必要がありました。まずは、今まで通り注文を伝票に手書きで取り、その後ハンディに入れるという流れから始めました。徐々にハンディで注文を取るようにシフトしていった結果、2週間で完全にハンディ対応に移行することが出来ました。ハンディ端末がiPhoneではなく、文字やボタンが大きいAndroid端末である点も年配の従業員にとっては受け入れやすかったのだと思います。想定以上に本格導入までがスムーズでした。また、レジやハンディのメニューボタンの位置を自分たちで使いやすいように設置できる点も魅力です。導入後、実際に使いながらボタンの配置を修正していくことが多いので、自分たちのお店に合うようにカスタマイズできる点も良かったです。

 

従業員の動きが効率的に。デジタル化したことで意外な副次効果もありました。

以前使っていたガチャレジと比べると、ボタン一つで会計が出来るので会計時にお客様をお待たせすることが減ったと感じています。またハンディ端末を導入したことで、注文時はメニューの項目を選択するだけの1タッチ操作で完了。キッチンにもその時点で注文が入るため、わざわざキッチンに行く手間が省け、特に混雑時のオペレーション効率が上がりました。さらに、伝票で注文を取っていた時代は注文を取り間違えたらボールペンで消せば良いという手軽さから、注文の取り間違えが頻繁に起きていましたが、いまは間違えたら修正が面倒という意識が働き、注文時のミスが減るという副次的な効果もありました。そのほか、日々の精算業務が減ったことや、いつでもどこでも売上を遠隔でチェックできることが、全体的な業務効率化につながっていると感じています。

 

売上や仕入れデータ等を分析し、数字を意識した経営へシフト。

ワンレジを導入してから数ヶ月ということもあり、まだまだ使いこなせていない部分がたくさんあるというのが正直なところです。しかし、従業員から期待以上の反応を得られていたり、店舗内の工数削減・業務効率化を実感できていたりと確実に効果は出ています。今後は、顧客データや売上・仕入れといった収支関連のデータ等を分析し、感覚に頼ってきた部分に対して数字を用いることにより、確かな経営へとシフトしていきたいと考えています。そのため、ワンレジに搭載されている機能は全部使いこなしたいと思っています。管理画面の使いやすさの向上や給与管理権限の自由度の向上等、ワンレジに期待することもありますが、常にバージョンアップし続けるレジなので今後どのように進化していくか楽しみでもあります。

※取材当時は旧ブランド「はんじょうPOSレジ」をご利用されています。

 

電化製品好きの店長が鋭いアンテナを立て、慎重に選んだレジがワンレジでした。
適度な大きさの設計で、年配の方にも使いやすいAndroid端末。
スタッフさん含めデモを行うことで利便性へのご理解を頂き、導入に至りました。
手書きオーダーからハンディへの移行は、徐々に行ってもわずか2週間で完了。注文に対しての取り組み方も、だいぶ変化が見られたようです。
導入して日が浅いながらも、「搭載された機能は全て使いこなしたい」と意欲的なオーナーさん。店舗経営を感覚で補ってきた部分を数字に変え、さらに上を目指しています。
その前向きな姿勢が、100有余年のレストランを形作っています。

レストランらんぶる

住所: 〒321-1406 栃木県日光市松原町12-3
電話番号: 0288-54-0466
営業日: 不定休
営業時間: 9:00~18:00