電子レシート導入による変化は?メリット・デメリット、活用方法を解説

会計後に渡すレシートは紙であることが一般的です。販売者にとっては、レシートを受け渡す手間や紙のコストがかかり、消費者は支出が一目でわかるものの、ため込んで財布がかさばるなどデメリットもあります。そこで、政府も積極的に推奨しているのが電子レシートです。

電子レシートは、販売者・消費者両面にメリットがあり、販売促進に活用することもできます。本記事では、電子レシート導入による変化やメリット・デメリット、活用方法をご紹介していきます。

電子レシートとは

電子レシートは、紙レシートを電子化したもので、電子媒体で確認できるレシートです。店舗のアカウントを持っている顧客に対して、会計後電子レシートを送信することで、レシートの受け渡しをせずに会計を完了させられます。

まだ紙レシートの方が一般的ですが、電子レシート普及に向けて政府も積極的です。電子レシートの実証実験を行い、電子レシートの活用や運用フォーマットの確立を図っています。実際に導入している店舗もあり、ビックカメラやコープ東北などが主な例です。さまざまな分野でテクノロジーが取り入れられており、今後電子レシートも急速に広まる可能性があるので、今後の動向に注目する必要があるでしょう。

電子ジャーナル機能のあるPOSレジでデータ管理を楽に!効果や手続き、おすすめPOSレジもご紹介!

電子レシートのメリット・デメリット

紙レシートから電子レシートに切り替えることでどのような変化があるのでしょうか。電子レシートがもたらすメリット・デメリットを販売者・消費者両面で見ていきましょう。

【メリット】レジペーパーのコスト削減

電子レシートにすることで、紙レシートの発行に必要だったレジペーパーが不要になり、コストを削減できます。レジの台数が多いほどレジペーパー代がかかっているので、よりコストを削減可能です。レジペーパーを収納する場所の確保や補充する手間などもなくなり、スペースや人的コストもおさえられます。

【メリット】レシートに受け渡しにかかる時間の削減

紙レシートの場合、会計後に受け渡す時間や手間がかかりますね。電子レシートでは、会計後に電子媒体に自動でレシートを送信するので、受け渡しを省くことができます。店舗にとってはレジ業務がスムーズになって混雑の防止につながります。消費者にとってもすばやく会計が終わり、利便性が増し、満足度が高まるでしょう。

【メリット】ペーパーレスになり顧客のメリットがある

紙レシートは、しっかり整理できないとかさばり、財布が膨らむことも。電子レシートによって、レシートがペーパーレスになり、レシート管理が苦手な人でも管理しやすくなります。レシート保管の手間や紛失リスクなども少なくなり、顧客の家計管理を助けられます。

【デメリット】対応しているPOSレジが限られる

電子レシートを発行するためには、電子レシートに対応したPOSレジが必要ですが、すべてのPOSレジが対応しているわけではありません。まだ対応しているPOSレジは限られていて、現在のPOSレジが入れ替える必要があります。

POSレジのリプレイスには費用がかかり、電子レシート以外の機能が店舗に合っているとは限らないので、費用や機能を慎重に検討しましょう。

【デメリット】顧客にとってセキュリティが不安

電子レシートを送信するためには、顧客情報を収集する必要があります。顧客にとっては店舗に個人情報を伝えることになるので、個人情報の流出や悪用などセキュリティに不安があるでしょう。個人情報の取り扱いをしっかり決め、顧客との信頼関係をつくることが大切です。

POSレジで使用されるレシートプリンターを詳しく知りたい方はこちら

電子レシートの活用方法

電子レシートを導入することによって、コストや会計の時間・手間の削減以外にも活用方法があります。売上アップや顧客との関係づくりなど3つの活用方法をご紹介します。

販売促進に活用する

電子レシートは、紙レシートよりも提供できる情報が多いので、販売促進に活用できます。レシート情報と合わせて、キャンペーン・セール情報やクーポンを配信することで、メールマガジンのように販促の役目を果たします。既存顧客の囲い込みや新規顧客の取り込みを実現し、売上アップを実現できるでしょう。

顧客とのコミュニケーションのきっかけ

電子レシートを受信した顧客がお店の商品・サービスを評価するコミュニケーションサービスもリリースされています。売って終わりではなく、売った後に顧客の声を拾い上げ、柔軟に対応することができます。顧客の良い評価を集めることで、ホームページなどで信頼性をアピールする材料にもなるでしょう。

ECサイトへの誘導

実店舗だけでなく、ECショップを運営している店舗にとっては、電子レシートが誘導する役目を担います。電子レシートにECサイトのURLを添付すれば、アクセスの入り口になります。合わせてECショップのキャンペーン情報やWeb特典をアピールすると、より顧客獲得を期待できます。

電子レシート機能のあるPOSレジ

数あるPOSレジアプリ・システムのなかから、電子レシート機能を利用できるPOSレジをピックアップしました。電子レシートの導入を検討している販売者はぜひ参考にしてみてくださいね。

Square

Squareでは、会計それぞれに対して、電子レシートか紙レシートかを選ぶことができ、電子レシートと紙レシート両方のニーズに応えられます。顧客が電子レシートを希望する場合は、メールアドレスか電話番号の入力が必要です。

Squareは連携できるサービスが多く、そのなかのひとつであるSquare メッセージでは、電子レシートを通じて顧客とコミュニケーションをとることができます。顧客とのやり取りやスムーズな返信ができ、円滑な顧客対応可能にします。Square メッセージ上でPOSデータも見られるので、評価を集めている点や改善点が明確になり、マーケティングにも効果的です。

東芝テック

東芝テックが提供しているスマートレシートは、スマートレシートアプリに表示されたバーコードを読み取るだけで、レシートをアプリに送信できます。販売促進に活用できる機能が豊富に搭載されているのが特徴です。

キャンペーン対象商品の強調表示や購買傾向に合わせたクーポン発行、レジ発行クーポンの電子化などを利用できます。レシートを販売促進に活かしたい店舗におすすめのPOSレジサービスです。

まとめ

紙レシートから電子レシートにすることで、紙コストや会計の時間・手間を削減できます。それだけではなく、販売促進や顧客とのコミュニケーション、ECサイトへの誘導にも活用でき、売上アップや顧客満足度アップを実現できます。電子レシートを利用できるPOSレジは限られているので、今回紹介したPOSレジを参考にして、電子レシート導入を検討しましょう。

POSレジを実際に使った利用者の声はこちら!