多くの店舗で必ず行われているのがレジ締めです。
お店が開店してから閉店までの売り上げを元に、レジのデータとレジの釣銭が合うかどうかを確認する作業です。
営業時間が終わったタイミングで、ほとんどのお店ではレジ締めを行っています。
仕事が終わった後の疲れている時間帯にレジ締め作業を行うのは面倒くさいものです。
少しでも早く効率よくしていくにはどんなコツがあるでしょうか。
レジ締めを簡単にする方法について調べてみました。

レジ締めとは?

居酒屋・飲食店の店員のイラスト「ビールを運ぶ店員さん」

レジ締めを簡単にする方法について調べる前に、レジ締めとは一体どんな作業なのかを確認しておきましょう。

レジ締めの意味と手順

チップのイラスト(レストラン)

飲食店や小売店に限らず、すべての業種でレジ締めは行われています。
一日の売り上げを集計して、伝票に書かれている売り上げと手元の釣銭が合うかどうかを照合していきます。
最近は現金だけの会計では無く、クレジットカード決済やQRコード決済があるので、
現金以外の伝票も確認しなければなりません。

レジ締めをすることによって一日にどれほどの利益が出たかが分かります。
釣銭のやりとりの際にミスがなかったかどうかもチェックできます。

次の日のための釣銭を準備し、それ以外の現金は安全な場所へ確保することが出来るようになります。
レジ締め作業は面倒なので、月に一回くらいの頻度でも良いのでは無いかと思われるかもしれません。
月に一度のレジ締めになるとミスがあったときに、それがいつ起きたのかを探すのが大変です。
毎日行うことですぐに間違いを見つけやすくなるのです。

レジ締めはどのような手順で行っていくのでしょうか。
一般的な手順は、最初に伝票に書かれている売り上げを足していって、一日の売り上げの合計を出します。
それからレジの中の釣銭を数えていきます。

クレジットカード決済やQRコード決済の伝票があれば、その金額も足していきます。
開店前の釣銭用の現金から一日の売り上げを引いて、手元の現金の額とぴったり合うかを確認します。
ここでもし誤差が出れば、どこで間違いがあったのかを探していきます。

問題が無ければ、次の日の分の釣銭をキャッシュドロアに残し、それ以外の現金を銀行などへ預けます。

レジ締めは本当に必要なのか

ハローワークのイラスト「端末で仕事を探す女性」

このレジ締め作業は本当に必要なのでしょうか。
実はレジ締め作業は、釣銭のやりとりのミスを探したり一日の売り上げをチェックしたりするだけのためにやるのではありません。
店舗の経営のために必要な作業なのです。
レジ締めで確認できる売り上げや売れ筋商品の状態を確認すると、どうすればさらに売り上げを伸ばしていけるかが見えてきます。
データを分析することで、どの時期にどんな商品が売れるかが分かるのです。
会計の度に顧客の性別や年齢層を記録していくと、さらに細かなデータを取得できます。
複数の店舗がある場合には、各店舗のデータを比較することで、それぞれの店舗の得意分野や特徴を知ることが出来るでしょう。
レジ締めは経営者にとって欠かせない作業です。

レジ締め作業を簡単にする方法とは?

少しでも早くレジ締めを終わらせるためには、どんな方法があるか解説します。

お札をまとめるコツ

簡単にできることとして、お札をまとめておきましょう。
会計業務は忙しい時間帯と、そうでは無い時間帯があります。
忙しくない時間帯の時に、お札を10枚ごとにまとめておくようにするならレジ締めが簡単になります。
1000円札なら10枚ごとにまとめれば1万円になりますし、1万円は10万円になりますね。
これをするだけでレジ締めの時の計算が楽になります。

小銭をまとめるコツ

同じ理由で小銭をまとめておくこともレジ締めの効率をアップさせます。
コインは種類がいくつもあるので、釣銭を渡すときにミスをしてしまいがちです。
キャッシュドロアを開けたり閉めたりして釣銭を渡しているうちに、種類ごとに分けていたコインがぐちゃぐちゃになってくることもあります。
コインが混じってしまうと釣銭のミスが起きてしまいます。
忙しくない時間帯に入ったときには、コインを50枚ごとにまとめるようにしてください。
特に営業時間が終盤に近づいてきたときには、コインをまとめる作業をしておくとレジ締めが楽になりますよ。
種類ごとのコインを収納できるケースに入れて分けても良いですし、紙に包んでコインをまとめることも出来ます。
袋にまとめて入れるのでも良いです。

キャッシュドロアの使い方

キャッシュドロアの使い方もちょっと工夫してみましょう。
普通はドロアの右側から小さな金額のコインを入れていきます。
コインとコインの間は仕切りを付けてコインが混ざらないように気をつけてください。
注意が必要なのは色や大きさが近いコインです。
ぱっと見ただけだと同じように見えるため、釣銭を渡すときに間違えがちです。
間違えやすいコインを入れている仕切りのところには色が違うシールを貼ったり、仕切りの中に色を付けて瞬時に見分けられるようにしたりしてください。
コインをすぐに見分けられるようになるとレジ締めだけでは無く、釣銭作業も早くなっていきます。

上手な記録の仕方

レジ締めをするときに記録用紙を使うと作業を効率化できます。
1万円札や5千円札が何枚あるかどうかを書く欄と、各種類のお札の合計金額を書く欄を設けます。
それぞれの小銭も数を確認したり、合計金額を書いたりする欄を作ってください。
クレジットカード決済とQRコード決済をした金額を各欄も作ります。
そうするとお札とコイン、そしてクレジットカード決済とQRコード決済の総合計金額が出ます。
総合計金額がそのレジの一日の売り上げとなります。
複数のレジがあるなら、各レジの記録を合わせて店舗全体の売上金額を確認できるでしょう。

便利なマニュアルとは?

レジ締めのためのマニュアルを作っておくことも大切です。
お店にはベテランスタッフだけでは無く、新人スタッフもいます。
マニュアルがあれば新しい従業員が自分でレジ締めを行っていけます。
最初の1回はベテランスタッフが教えてあげられるかもしれませんが、2回目以降はマニュアルを確認しながら自分で行っていけるでしょう。
新人のレジ締めのためにベテランの作業が妨げられることが無くなり、店舗全体のレジ締めの効率がアップします。
マニュアルによって手順が明確化されていればミスを減らすことも出来ます。
それぞれの従業員によって手順が違うといった混乱も無くなり、作業の管理をしやすくなるメリットもあります。

POSレジってレジ締めに役立つのか

他にもレジ締めを簡単にする方法があるでしょうか。
POSレジを使うならレジ締めを劇的に簡単にできます。
一体、POSレジとは何でしょうか。

POSレジとは

POSレジとは多機能なレジスターのことです。
会計教務をしながら売り上げデータの形状や注文集計、さらには在庫管理まで出来るレジスターです。
ipadなどのタブレットを使って会計業務が出来るタイプもあり、導入コストが安いことが特徴です。

POSレジでレジ締めがスピーディーになる

POSレジを使うなら一日の売り上げを自動で計算してくれます。
現金で売った商品やクレジットカード決済で売った商品の売り上げも自動で合計してくれます。
人間がすることはキャッシュドロアの中の現金を数えて、POSレジに表示されている売上金額と合うかどうかを確認するだけです。
複数のレジがあったり店舗があったりする事業者にとってPOSレジはかなり役立ちます。
これまですべての売上金額と現金の数を照合していたのが、POSレジがほぼすべての作業をしてくれるからです。
POSレジのデータはクラウド上に保存されるため、どの店舗からでも確認できます。
色々な端末から確認できるので、自宅で後からデータを参照して売り上げの分析をしていくことも可能です。

POSレジ飲食店あるある

レジ締め以外にPOSレジのメリットってあるの?

Cash Register, Keys, Numbers, Vintage

レジ締めがスピーディーに出来る以外にPOSレジのメリットはあるのでしょうか。
主に3つのメリットがあります。

★安全対策
★在庫管理
★人件費を減らせる

POSレジを導入することで、不正を防いで安全対策を取ることが出来ます。
誰かがレジのお金を盗んだときや、売上金額を偽って書いたりしたときにPOSレジならすぐにバレてしまいます。
POSレジはリアルタイムで会計回数や売上金額を集計してくれます。
ちょっとの金額でも誤差があるとすぐに見つけることが出来るのです。
POSレジが10回の会計作業をしたと記録しているのに、会計スタッフが9回しかしていないと申告したら嘘をついていることが分かります。

在庫管理もPOSレジで簡単になります。
会計作業をするごとに在庫管理のデータが調整されていきます。
どれくらい在庫が減ってきているかを一目瞭然でチェックできるため、発注のタイミングを判断しやすくなります。
POSレジの在庫のデータと棚卸しのデータを比較することでミスのチェックも出来ます。

レジ締め作業や在庫確認作業をPOSレジがしてくれるので、スタッフの働く時間を減らせます。
従業員の数を減らすことも出来るかもしれません。
結果として、人件費を削減していけます。

まとめ

レジ締めとは一日の売上金額と手元の現金が合うかどうかを照合する作業のことです。
開店時から閉店時までにどれくらいの売り上げがあったのかを伝票でチェックをし、
手元の釣銭の数と金額が合うかを確認します。

売上金額を計算する時間や現金を計算する時間がかかります。
一日の最後にする作業なので面倒ですし、ミスが発見されるとさらに時間がかかって疲れます。
しかし、お札や小銭をあらかじめまとめておいたり、キャッシュドロアの使い方を工夫したりするとレジ締めを効率的に行えます。
マニュアルを用意しておくことも助けになりますよ。
もっとレジ締めを簡単にしたいときには、POSレジを導入すると良いでしょう。
POSレジを使うならレジ締めをほぼ自動でしてくれますよ。

PR:売上集計から給与計算までワンストップ!飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」

✅導入件数1.000件

✅顧客満足度99.9%

✅サービス継続率98%

✅110000円〜プランをご用意

ワンレジはここが違う!3つのポイント

POINT1飲食店の経営者が開発

飲食店だけのために、本当に便利な機能が満載!店長を10年、経営を15年経験した当社代表が全ての機能を監修し「飲食店特有の帳票、機能」の全てに対応をしています。

POINT 2スタッフに不正をさせない

スタッフを絶対に犯罪者にしない!飲食店の不正は「勤怠不正」と「金銭不正」です。これらを防ぐ機能があるPOSレジなので、安心してお店を任せることができます。

POINT 3毎日、今日の利益を確認

飲食店経営のキモは毎日の利益管理です!「タイムカード⇒人件費率計算」「仕入⇒原価率計算」そして固定費管理ができますので、毎日自動で給与計算、利益計算ができます。

売上集計から給与計算までワンストップ!飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」

ワンレジの充実の機能

リアルタイム営業速報

売上、来客、スタッフ出勤がスマホで見れます。

給与計算

土日、深夜、ヘルプupなど、自動計算します。

売上アップ

顧客リストからメール、DMリストを作れます。

顧客管理

ハンディーに顧客名を表示しお名前で接客ができます。

タイムカード

打刻時に写真を撮って勤怠不正を防止します。

監  査

レシート修正を完全監視、金銭不正を撲滅します。

ABC分析

商品の出数、売上、利益がランキングで見れます。

遠隔サポートサービス

1年休まず電話サポートしますので安心です。

信頼の機能とサポートで、沢山の方にご紹介頂いています。

一般的な飲食店の廃業率は年間約30%

ワンレジのお客様の廃業率は年間2.3%!

利益を詳細に見ることが飲食店継続の一番のポイント!

毎日の人件費、毎日の原価率、毎日の利益をしっかり見て、把握することが飲食店を長く続けるポイントです!

お客様の声 IMPRESSIONS

お客様からお喜びの声を多数頂きました。

ワンレジのコンセプトは、徹底した現場主義。

飲食店長10年、

飲食店経営15年、

さらに飲食店の経営者約1,000人と直接面談をした弊社代表が企画監修をしています。

だからこそ『かゆいところに手が届く』気が利いた機能各種がここにあります。

たくさんのお客様に喜ばれ、広告費をかけずにご紹介だけで売れ続けています。

個室居酒屋 番屋

東京赤坂店

居酒屋

一度に大量のオーダーが入ってもすぐ対応。

現場のストレスを解消してくれました。

le petit tanneau

東京虎ノ門

ビストロ

売上の良い商品が明瞭に。

メニュー展開の活用へ。

メニュー分析をすると、どの商品がどのくらい売れているかが一目でわかる。

GREEN ASIA

東京六本木店

アジアンレストラン

以前お越しいただいたお客様の履歴をすぐ遡ることができるので、その都度どういったメニューをご提供したか等を注文履歴を見て確認しています。

じょうもん六本木店

業態:居酒屋 地域:東京

他の会計ソフトは要らないですね

ワンレジは本当に便利で使いやすいです。基本的なレジ機能はもちろん、スタッフの給与計算もやってくれるので、他の会計ソフトは要らなくなりました。

人件費や原価率、仕入れ機能も付いているし、「経営分析ツール」では売上に関するグラフも自動的に作ってくれるので、毎日の業務だけでなくメニュー開発などの会議や経営方針を考える上でも、とても助かっています。

かゆいところに手が届く機能が満載で、使えるものばかりです。開発に携わった飲食店経営者の方を信頼してよかったと思います。

お気軽にお問い合わせください。

丁寧で、迅速な対応をお約束します。どのような内容でもお気軽にお問い合わせください。

売上集計から給与計算までワンストップ!

飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」