POSレジの購入を考えている事業者が増加しています。
なぜならPOSレジを導入することによって、売り上げ分析や顧客管理が効率的に行えるからです。
販売促進のためにPOSレジが役立つと実感している事業者がたくさんいます。
しかし、購入にあたって、どれくらい費用がかかるのか分からないと不安になるかもしれません。
購入の際に役立つ情報や失敗しない購入方法について説明していきます。

POSレジの種類を購入のために知っておこう

People, Man, Counter, Cashier

 

最初にPOSレジの種類について知っておきましょう。
どんな種類があるのかを理解しているなら、自分の業種にあったPOSレジを選ぶことが出来ます。

ターミナルタイプ

一番ポピュラーなPOSレジがターミナルタイプです。
これまで使われているレジスターと同じようなスタイルで、ぱっと見はPOSレジと気がつきません。
コンビニエンスストアや大手スーパーなど店舗数が多い業種で使われています。
ターミナルタイプは従来のレジスターと似ているため、使い勝手が良くて簡単に移行できます。
スタッフが操作にすぐに慣れるので導入をスムーズに行えます。
しかし、レジ専用に設計されていますから、1台あたりのコストが高くなります。
1台あたり30万円から50万円くらいが相場です。
レジとPOS機能が1台に集約されているため、古くなったときや機械が壊れたときにはまるごと買い換えなければなりません。

パソコンタイプ

パソコンタイプのPOSレジを続いて紹介します。
このタイプは普通のパソコンにPOSシステムをインストールして使うものです。
パソコンだけではレジ作業が出来ないので、レジ業務のための周辺機器が必要となります。
自分や会社で使っているデスクトップパソコンやノートパソコンをそのまま使って導入費用が安く済みます。
パソコンが故障しても、他のパソコンへPOSシステムをインストールし直せば良いだけなので簡単です。
毎回レジスターごと買い換えていく必要がありません。
パソコンが古くなった場合には、新しいパソコンへPOSシステムをインストールすれば良いだけです。
覚えておきたいのは、レジ作業のための周辺機器を揃えなくてはいけないことです。
バーコードを読み取る機器などが必要となります。
すでにそれらの機器を持っていれば安価に導入が出来ますが、何も持っていないと周辺機器の購入コストも考えなければなりません。
POSシステムはメーカーが独自に開発したものです。
これまでのレジスターのシステムとは違うため、スタッフが慣れるまでに時間がかかります。
スムーズに操作するまでには、ある程度の時間がかかると思ってください。

タブレットタイプ

タブレットタイプのPOSレジもあります。
ipadやandroidタブレットなどを使ってレジ業務をしていけるタイプです。
タブレットだけではなく、iphoneやandroidスマートフォンを使うことも可能です。
使い方はパソコンタイプに似ていて、POSシステムを端末にインストールするだけです。
レジ業務は周辺機器で行っていきます。
QRコード決済なら端末のカメラを使って処理できるため、周辺機器が必要ありません。
レジ作業をしながら商品や顧客情報を収集し、クラウドシステムへ保存してくれるのもタブレットタイプの特徴です。
導入費用が安くて使い勝手が良いために、多くの中小企業や大手企業でも採用されるようになっています。
タブレットタイプの評価されている点は、導入費用の低さだけではなく、省スペースであることです。
レジスターのように大きくないので、お店のどこに置いても違和感がありません。
店舗のレイアウトの幅が広がりますし、本来のレジスターのスペースを顧客のために使うことが出来ます。
タブレットタイプのPOSレジは新しく始まったばかりで、POSシステムやサポートサービスの質にばらつきがあります。
導入の際には評判の良いサービスを導入するように気をつけてください。

業種別のPOSレジ購入事例をチェック

コンビニ・スーパーマーケットのレジのイラスト(男性)

 

業種別にPOSレジの購入時例を考えてみましょう。
三つの業種で検討していきます。

★飲食店
★美容室
★小売店

飲食店は店舗の規模によって導入台数が変わってきます。
決済用に1台だけで良い場合もあれば、居酒屋のようにテーブルごとに注文用のタブレットを用意した方が効率が上がるケースもあります。
一般的な相場はタブレットタイプのPOSレジ1台あたり9万円です。
この中にはレジ業務をするための周辺機器台も含まれています。

美容室は飲食店に比べると顧客の数が少ないです。
複数台のPOSレジを導入する必要はないでしょう。
しかし、美容室は顧客の情報管理を細かくする必要があります。
さらに予約管理機能も欠かせません。
顧客管理や予約管理の機能がついたPOSシステムの費用を考えるようにしてください。
POSレジ1台あたり9万円に加えて、美容室用のPOSシステム費用が月額1万5千円前後必要となります。

小売店はレジ業務をスピーディーにすることが求められます。
レジ作業にかかる時間が少なければ少ないほど店の回転率が上がり、売り上げも上がっていきます。
スタッフが使い勝手の良いインターフェースのPOSレジやPOSシステムを導入するようにしてください。
顧客が自分で決済が出来るセルフPOSレジを購入することも出来るでしょう。
しかし、セルフPOSレジは1台あたり200万円前後の費用がかかります。

POSレジを購入する際に考えるべきこととは?

握手券のためにCDをたくさん買う人のイラスト

POSレジを購入する際に考えるべきことを解説していきます。
失敗しない購入をするには、どんなポイントを検討すべきでしょうか。

乗り換え理由

POSレジへ乗り換える理由を明確にしておかなければなりません。
ただ単に今より多機能にしたいという理由だと、いらない機能がついている高価なPOSレジを買ってしまいかねません。
購入したのは良いものの、実際に使うのは一部の機能だけと言うことも起き得ます。
機能がたくさんありすぎて、使いこなせずにスタッフが混乱すると言うこともあります。
POSレジを導入することによって、むしろ業務効率が低下してしまうこともあるので注意しなければなりません。
参考に、よくある乗り換え理由を紹介します。

★使い勝手の良いレジにしたかった
★オーダー管理と在庫管理をする必要があった
★レジスターのスペースが確保できない
★レジスターより安く買えるから

POSレジの方が操作が簡単だから買い換える際には、シンプルなインターフェースを重視して購入していけます。
オーダー管理や在庫管理をしたい場合は、その機能が充実したPOSレジを選ばなければなりません。
店舗が狭くて省スペースが良いときにはタブレットタイプのPOSレジがおすすめです。
導入費用を安くしたい事業者は、POSレジのレンタルやリースを検討できるでしょう。
乗り換え理由が明確になっていれば、自分の業種にぴったりのPOSレジを選択できます。

周辺機器

すでにある周辺機器とPOSレジが連携できるかも考えてください。
バーコード読み取り機やレシートを印字する機器と連携できるでしょうか。
それとも新たに周辺機器も購入しなければなりませんか。
POSレジを導入する際に、オーダーを取るためのハンディ端末を一緒に購入した方が効率が良い場合があります。
周辺機器との連携もよく考えるようにしてください。

システムとの連携

どんなシステムと連携できるかも購入前に検討しておきましょう。
予約システムや顧客データを分析するシステムと連携させたいときには、購入予定のPOSレジにその機能がついているか確認します。
POSレジそのものに機能がついていなくても、システムだけを購入して連携させられることがあります。
店舗数が多い事業者の場合には、本部が在庫管理や商品管理で使っているシステムがすでにあるかもしれません。
既存システムとPOSレジの相性が良いかどうかも確認しておきたいですね。

コスト

POSレジに便利なシステムや機能を追加していくと、あっという間に導入コストが跳ね上がります。
まずは最低限の機器と機能を購入するようにしてください。
システムに慣れてきたら、さらに追加で機能を購入できるかもしれません。
例えば、小売店で初期投資として最低限必要なのは下記の三点です。

★タブレット端末
★レシートプリンター
★キャッシュドロア

これらの機器が少なくとも必要となります。
機器の購入費用に加えてPOSシステムの月額利用料がかかってきます。
サービスによってはシステムの利用料と聞き費用が込みで、月額払いできるところもあります。

サポート

いざPOSレジを導入したら、使い方が良く分からないと言うことがあります。
上手く業務がこなせないと言うこともありますよ。
トラブルが起きたときに大切になってくるのがサポートサービスです。
POSレジやPOSシステムを購入するときには、どれくらいサポートが充実しているかをチェックしてください。
深夜営業もする事業者は、24時間のサポート体制があるメーカーを選ぶと良いでしょう。

まとめ

POSレジを購入するときには、どんな種類のレジがあるのか知っておく必要があります。
従来型のレジスターからの以降が簡単なターミナルタイプや、

既存のパソコンにPOSシステムをインストールするだけで使えるパソコンタイプがあります。
省スペースのタブレットタイプも人気です。
購入費用や導入費用は業種によって変わってきます。
飲食店ならレジ業務とオーダー用に複数のタブレットが必要になるかもしれませんし、

美容室のように顧客と予約管理システムが充実しているPOSレジが必要かもしれません。
小売店はセルフPOSレジを導入した方が効率が良いこともあります。
購入で失敗しないように乗り換え理由やコスト、そしてサポート体制などもよく検討するようにしてください。

PR:売上集計から給与計算までワンストップ!飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」

✅導入件数1.000件

✅顧客満足度99.9%

✅サービス継続率98%

✅110000円〜プランをご用意

ワンレジはここが違う!3つのポイント

POINT1飲食店の経営者が開発

飲食店だけのために、本当に便利な機能が満載!店長を10年、経営を15年経験した当社代表が全ての機能を監修し「飲食店特有の帳票、機能」の全てに対応をしています。

POINT 2スタッフに不正をさせない

スタッフを絶対に犯罪者にしない!飲食店の不正は「勤怠不正」と「金銭不正」です。これらを防ぐ機能があるPOSレジなので、安心してお店を任せることができます。

POINT 3毎日、今日の利益を確認

飲食店経営のキモは毎日の利益管理です!「タイムカード⇒人件費率計算」「仕入⇒原価率計算」そして固定費管理ができますので、毎日自動で給与計算、利益計算ができます。

売上集計から給与計算までワンストップ!飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」

ワンレジの充実の機能

リアルタイム営業速報

売上、来客、スタッフ出勤がスマホで見れます。

給与計算

土日、深夜、ヘルプupなど、自動計算します。

売上アップ

顧客リストからメール、DMリストを作れます。

顧客管理

ハンディーに顧客名を表示しお名前で接客ができます。

タイムカード

打刻時に写真を撮って勤怠不正を防止します。

監  査

レシート修正を完全監視、金銭不正を撲滅します。

ABC分析

商品の出数、売上、利益がランキングで見れます。

遠隔サポートサービス

1年休まず電話サポートしますので安心です。

信頼の機能とサポートで、沢山の方にご紹介頂いています。

一般的な飲食店の廃業率は年間約30%

ワンレジのお客様の廃業率は年間2.3%!

利益を詳細に見ることが飲食店継続の一番のポイント!

毎日の人件費、毎日の原価率、毎日の利益をしっかり見て、把握することが飲食店を長く続けるポイントです!

お客様の声 IMPRESSIONS

お客様からお喜びの声を多数頂きました。

ワンレジのコンセプトは、徹底した現場主義。

飲食店長10年、

飲食店経営15年、

さらに飲食店の経営者約1,000人と直接面談をした弊社代表が企画監修をしています。

だからこそ『かゆいところに手が届く』気が利いた機能各種がここにあります。

たくさんのお客様に喜ばれ、広告費をかけずにご紹介だけで売れ続けています。

個室居酒屋 番屋

東京赤坂店

居酒屋

一度に大量のオーダーが入ってもすぐ対応。

現場のストレスを解消してくれました。

le petit tanneau

東京虎ノ門

ビストロ

売上の良い商品が明瞭に。

メニュー展開の活用へ。

メニュー分析をすると、どの商品がどのくらい売れているかが一目でわかる。

GREEN ASIA

東京六本木店

アジアンレストラン

以前お越しいただいたお客様の履歴をすぐ遡ることができるので、その都度どういったメニューをご提供したか等を注文履歴を見て確認しています。

じょうもん六本木店

業態:居酒屋 地域:東京

他の会計ソフトは要らないですね

ワンレジは本当に便利で使いやすいです。基本的なレジ機能はもちろん、スタッフの給与計算もやってくれるので、他の会計ソフトは要らなくなりました。

人件費や原価率、仕入れ機能も付いているし、「経営分析ツール」では売上に関するグラフも自動的に作ってくれるので、毎日の業務だけでなくメニュー開発などの会議や経営方針を考える上でも、とても助かっています。

かゆいところに手が届く機能が満載で、使えるものばかりです。開発に携わった飲食店経営者の方を信頼してよかったと思います。

お気軽にお問い合わせください。

丁寧で、迅速な対応をお約束します。どのような内容でもお気軽にお問い合わせください。

売上集計から給与計算までワンストップ!

飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」