0円で使えるPOSレジアプリ・エアレジ!機能や使い方、周辺機器などを徹底解説

レジのイメージには、スーパーやコンビニなど多くの店舗で使っているレジスター機器をまず思い浮かべるのではないでしょうか。従来のレジが変わってきていて、ここ最近ではiPadなどのタブレットを使ったタブレット型POSレジも増えています。

iPadなどのタブレットをPOSレジとして使用するためには、POSレジアプリが必要になります。POSレジアプリの中でも広く使われているのがエアレジです。今回は、POSレジアプリのエアレジに注目して、機能や使い方などを詳しく解説していきます。タブレットPOSレジ導入の参考にしてみましょう。

エアレジとは

エアレジは、0円で利用できるPOSレジアプリです。エアレジをインストールすることで、iPadやiPhoneをPOSレジとして利用できるようになります。POSレジとは、会計機能と合わせて、販売情報が蓄積されるレジです。販売データを活用することで、売上や客数などを把握でき、販売促進に活かすことができます。

馴染みのあるレジスター機器にPOS機能を備えたPOSレジは導入費用がかかったり、スペースが必要になったりしますが、エアレジはどちらも解決してくれます。エアレジの基本的なPOSレジ機能は無料であり、タブレットやスマートフォンを購入するだけで気軽に導入することができます。

タブレットやスマートフォンはレジスター機器もコンパクトでPOSレジの位置を選びません。小規模な店舗でも場所を気にせず設置できるでしょう。また見た目もスタイリッシュであるため、美容室やサロンなど店舗の雰囲気に馴染みやすいです。

PR:エアレジよりおすすめ!経営者目線の飲食専用POSレジ登場!

飲食のプロが開発、だから 本気で「儲け」思考

ワンレジ

ワンレジ詳細はこちら>>>

エアレジの機能

エアレジには、会計機能だけでなく、POSレジとしての便利な機能が多く備わっています。売上分析や顧客管理などの機能を駆使することで、売上アップやサービス向上を実現できるでしょう。エアレジの機能を活用法に触れながら紹介していきます。

注文入力・会計

基本的なレジ機能として、注文入力・会計機能があります。エアレジの注文入浴・会計は見やすい画面とタッチするだけの操作で簡単に会計をすることができます。周辺機器と連携することで、キャッシュドロアでの現金管理・レシートの出力・領収書の発行ができ、通常のPOSレジと同じように使えるようになります。個別会計にしたり、未会計レシートを出力したりでき、飲食店でのエアレジ導入もおすすめです。

点検・精算

エアレジを利用すると、販売データが蓄積されていくため、レジ点検や精算も簡単です。入出金チェックや伝票チェックなどができ、時間帯ごとの中間集計を確認できます。終業後のレジ締め作業・精算についても、精算レシートやレジ締め前伝票でミスなくスムーズに終えられます。

売上分析

エアレジの売上分析では、日別売上・商品別売上を確認することができます。どちらも年・月・日・時間で区別できるため、細かいデータ分析に効果的です。例えば年で売上を比べると、前年対比で現在の売上の推移が明確になります。さらに月・日に絞って売上を比べていくと、季節商品が売れていない、去年に比べて売場の状態が悪いなど、改善点が見えてくるでしょう。日別売上・商品別売上それぞれCSVファイルをダウンロードできるため、データファイルで管理・分析可能です。

顧客管理

レストランやアパレルショップなどでは、エアレジの顧客管理が便利です。顧客情報登録を利用すると、顧客情報と販売情報が結びつき、顧客の購入歴などがわかります。顧客情報に参考にして、商品・サービスの提案を行うことで、リピート顧客の獲得につながります。

商品管理

商品管理機能は、店舗の商品を登録することで、在庫管理に役立てることができます。販売情報と連携するしていると売れると在庫数が減ります。在庫数を見て、素早く発注することで機会損失を減らすことができます。商品のカテゴリ設定機能もあるため、カテゴリごとに在庫管理や分析できるようになります。

予約管理サービスとの連携

エアレジは、予約管理アプリ「レストランボード」と連携できます。テーブル管理・予約管理ができるようになり、飲食店やサロンなどのスケジュール管理に便利です。

決済サービスとの連携

決済サービスとも連会することができます。クレジットカード決済ができるエアペイやQR決済できるようになるエアペイ QR、クレジット決済アプリであるSquareと連携可能です。キャッシュレス決済が広がっているため、クレジットカードやQR決済などに対応していると、集客にもつながるでしょう。

会計ソフトとの連携

店舗運営に役立つ会計ソフトとも連携可能です。クラウド会計ソフト「freee」や「マネーフォワード クラウド会計」、「マネーフォワード クラウド確定深刻」、「弥生会計」、「FXシリーズ」と連携することで、収支の計算が自動で行われ、経理作業の手間を省きます。個人経営の店舗などの経理の効率化にぜひ利用したい連携機能です。

エアレジ関連サービスとの連携

エアレジには決済サービス以外にも、関連サービスが多くあります。主な関連サービスには、

・エアベイ ポイント:ポイントサービス導入

・エア ウェイト:受付管理

・エア リザーブ:予約管理

・エア シフト:シフト管理

・エア メイト:経営アシスタント

・エア マーケット:業務に役立つサービス提案

があります。顧客のメリットとなるポイントサービスや受付管理・予約管理だけでなく、店舗運営に役立つサービスも魅力的です。エア シフトなどを活用して、人件費の適正化など健全な運営を実現できます。エアレジと合わせて、関連サービスも活用してみましょう。

エアレジの使い方

エアレジの使い方は、シンプルで簡単です。会計では、あらかじめ登録した商品をタッチし、預かり金額を入力します。会計を決定するとレシートが自動で出力され、キャッシュドロアも開くため、スムーズに会計を済ませることができます。キャッシュレス決済は決済方法を選び、決済端末を操作するだけです。

売上分析や顧客管理、商品管理も簡単操作でできます。トップ画面に表示されているメニューから使いたい機能をタッチします。タッチ操作で年・月・日・時間を指定したり、顧客情報を選択・スクロールしたりすることで簡単にデータを確認・分析できます。

新規出店や従来のレジスター機器との入替などで、初めてタブレットPOSレジを操作するというスタッフでもすぐに使えるでしょう。わかりやすい操作はミスを減らしたり、スタッフの教育の手間を減ったりするなどのメリットもあります。

エアレジのサポート体制

エアレジのサポート体制としては、導入相談やFAQ、メール、オンラインチャットがあります。導入相談は、全国のいくつかのビックカメラ店舗にあるエアレジサービスカウンターで行われています。専門スタッフから直接説明を受けたり、エアレジや周辺機器を見て導入を検討できます。エアレジの導入で悩んでいる場合や軽減税率対応について聞きたい場合などに利用してみましょう。

FAQは、エアレジのWebサイトにあり、エアレジを使用する上で困った時に役立つ情報がまとめられています。エアレジの使い方やサービスとの連携方法などカテゴリに分けられているため、悩みに合わせて回答を見ることができます。キーワード検索もでき、問題解決にぴったりの答えを見つけられるでしょう。

メール・オンラインチャットで問い合わせることもできます。オンラインチャットは平日10時~19時の間、オペレーターに質問可能です。FAQで解決できなかった場合は、メールやオンラインチャットで直接問い合わせることも可能です。

PR:エアレジよりさらにおすすめ!経営者目線の飲食専用POSレジ登場!

飲食のプロが開発、だから 本気で「儲け」思考

ワンレジ

ワンレジ詳細はこちら>>>

エアレジと周辺機器との連携

エアレジを利用するには、iPadや周辺機器が欠かせません。レシートプリンタやキャッシュドロアなど顧客とのやり取りに不可欠です。エアレジでは、スターターパックや周辺機器それぞれをビックカメラ.comで販売しています。扱っている周辺機器のラインナップ・料金を紹介していきます。

レシートプリンタ・キャッシュドロアセット

レシートプリンタとキャッシュドロアが一体になった周辺機器です。ひとつで二つの役割を果たすため、レジ周りをコンパクトにまとめられます。バーコードリーダーがセットになった商品もあり、一度に周辺機器をそろえ、すぐにタブレット型POSレジを利用できます。

商品価格
スター精密 mPOP単品モデル(白・黒):レシートプリンタ、キャッシュドロア一体型54,800円(税抜)
スター精密 mPOPバーコードリーダー付き(白・黒)64,800円(税抜)
セイコーインスツル ビックカメラAセット(白・黒)44,800円(税抜)
セイコーインスツル ビックカメラBセット(白・黒):バーコードリーダー付き78,800円(税抜)

レシートプリンタ

レシートプリンタとキャッシュドロアは別々にそろえることもできます。据え置きタイプのキューブ型レシートプリンタとモバイル型レシートプリンタが販売されています。モバイル型は、据え置きタイプに比べてコンパクトで場所を選ばず設置することができます。

商品価格
セイコーインスツル 据え置きプリンター(白・黒)36,900円(税抜)
スター精密 据置きレシートプリンター mC-Print2シリーズ(白・黒)41,800円(税抜)
スター精密 据置きレシートプリンター mC-Print3シリーズ(白・黒)49,800円(税抜)
スター精密 モバイルレシートプリンター36,900円(税抜)
セイコーインスツル モバイルレシートプリンター19,800円(税抜)

キャッシュドロア

キャッシュドロアには、自動開閉と手動開閉があります。会計時に自動で開く自動開閉タイプの方が便利でしょう。またiPadスタンドと一体になっているキャッシュドロアもあります。まとめて購入したいという場合におすすめです。

商品価格
セイコーインスツル キャッシュドロア(白・黒):自動開閉型7,980円(税抜)
CMI キャッシュドロア(白・黒):自動開閉型7,980円(税抜)
オウルテック キャッシュドロア:スタンド一体型53,820円(税抜)
クローバー電子 キャッシュドロア7,491円(税抜)

バーコードリーダー

商品のバーコードを読み取る場合は、バーコードリーダーが必要です。有線タイプだけでなく、Bluetooth接続のバーコードリーダーも登場しています。レジ周りの配線をスッキリさせたい時に最適です。

商品価格
ソケットモバイル バーコードリーダー(白・黒):Bluetooth接続34,800円(税抜)

ラベルプリンタ

ラベルプリンタは、宛名ラベルや商品ラベルなどのラベル作成ができる周辺機器です。オリジナル商品を販売している店舗にあると、商品を販売しやすくなるでしょう。

商品価格
ブラザー ラベルプリンタ17,380円(税抜)

タブレットスタンド

エアレジを利用する時はiPadを固定するスタンドが必要です。タブレットサイズを確認した上でiPadスタンドを選びましょう。

商品価格
KEIAN タブレットスタンド(白・黒)2,980円(税抜)
オウルテック タブレットスタンド4,480円(税抜)

エアレジ スターターパック

エアレジでは、すぐにタブレット型POSレジを導入できるスターターパックが提供されています。iPadとレシートプリンタ・キャッシュドロアセット、レジペーパーがセットになっています。レシートプリンタとキャッシュドロアが別になったセットもあります。バーコードリーダーなどが必要ない場合は、スターターパックでタブレット型POSレジを導入してみましょう。

商品価格
スターターパック スター精密 mPOP セット(レシートプリンタ・キャッシュドロア一体型)92,600円(税抜)※iPadなし:54,800円(税抜)
スターターパック SII レシートプリンターセット(レシートプリンタとキャッシュドロアが別々)82,680円(税抜)※iPadなし:44,880円(税抜)

エアレジに適用される補助金

エアレジには、軽減税率対策補助金が適用されます。軽減税率対策補助金とは、消費税軽減税率制度によって、複数税率への対応にともなうPOSレジ導入・改修費用を支給する制度です。エアレジは、タブレット型POSレジ導入に該当し、iPadは1/2、周辺機器は1/4で購入することができます。

軽減税率対策補助金を利用するためには、軽減税率対象品目を取り扱っていること、中小企業であることが条件となります。機器の購入・支払い完了後、制度の締切である2019年9月30日までの申請が必要です。エアレジ サービスカウンターで相談することもできるため、不明点がある場合は気軽に問い合わせてみましょう。

エアレジのデメリット

コストや使いやすさなどメリットの多いエアレジですが、いくつかのデメリットもあります。主なデメリットは、多店舗管理機能がないことです。店舗ごとのエアレジ導入になり、販売情報も店舗ごとになってしまいます。フランチャイズやチェーン店の場合、複数店舗の売上管理・在庫管理をすることができません。個人経営店や美容室などに適しています。

またiPadやiPhoneのみしか利用できないのもデメリットでしょう。Android端末を利用している場合は、新たにiPadを購入する必要があります。他のPOSレジアプリから乗り換える場合は、使っているタブレット端末がiPadかを確認し、導入を検討しましょう。

まとめ

エアレジは、iPadをPOSレジとして利用できるPOSレジアプリです。シンプルな操作と豊富な機能で会計や売上分析などを効率化することができます。周辺機器の扱いもあり、タブレット型POSレジを簡単に導入可能です。

しかし、0円だと思って導入したら意外に周辺機器等で思わぬ出費があったとおっしゃる方も少なくありません。

そういう意味では、エアレジは軽減税率対策補助金にも対応していますが、同じく軽減税率対策補助金にも対応していて、さらにオススメなPOSレジが以下のワンレジです。
ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

PR:エアレジよりさらにおすすめ!経営者目線の飲食専用POSレジ登場!

飲食のプロが開発、だから 本気で「儲け」思考

ワンレジ

ワンレジ詳細はこちら>>>