iPadレジの使い勝手が良いと評判なので様々な業種で導入が始まっています。
新しく店舗を開業する事業者がiPadレジのメリットに注目して導入するケースが増えています。
一体どんなメリットがiPadレジにはあるのでしょうか。
覚えておきたいiPadレジの特徴や、導入にかかる費用についての情報を調べてみました。
人気のiPadレジサービスの特徴についても解説していきます。
揃えておくと便利な周辺機器や業種ごとにおすすめのiPadレジのことも説明します。

iPadレジの特徴を解説

iPadレジとは、ipadの中にPOSレジアプリをインストールして使うことを意味します。
アプリをインストールすると決済機能や、在庫管理機能を使って会計業務を効率的に行っていけます。
売り上げ管理や顧客管理なども優れているので、お店のサービスのクオリティを上げることが出来ます。
すでに持っているipadにアプリを導入するだけで実質始められるため、導入のハードルが低くて人気です。
揃える周辺機器も少ないですから、開業費用が限られている業者にお勧めのレジシステムです。
iPadレジの別の特長は拡張性の高さです。
別の機器と接続したり会計ソフトと連携させたりしていくことが可能です。
データはクラウド上に保管されますから、サーバーやセキュリティ管理からも解放されます。
レジを置くスペースも少なくて済むのも助かるポイントです。
店舗面積が狭いとレジスペースが限られます。
店内レイアウトの関係でレジを目立たせたくないこともあります。
そんなときに省スペースのiPadレジはとても便利なのです。
モバイル性も高く、移動店舗や訪問販売をする業種にも人気のレジシステムです。

POSレジはどう選べばいいの?5つの選び方をご紹介!

iPadレジにかかる費用が知りたい

どれくらいの費用がiPadレジの導入にかかるか知りたいと思われることでしょう。
考えるべき費用は下記の二つです。

★月額費用
★初期費用

それぞれの費用について解説していきます。

月額費用

iPadレジサービスの月額費用は8000円から12000円あたりです。
サービスによっては、ベーシックプランなら無料で利用できるものがあります。
お試し期間として1ヶ月は費用がかからないベンターもありますよ。
ベーシックプランには会計業務に必要な機能だけが付いています。
複雑な機能がいらない場合には、これだけでも十分に機能します。

初期費用

初期費用は10万円前後かかります。
従来型のレジスターを導入するときには100万円前後の費用がかかることを考えると、かなり安くなります。
すでにipadを持っている場合、初期費用をさらに安く抑えられます。
周辺機器も必要最低限のものだけを購入しようとするなら初期費用を節約できます。
キャッシュドロアやレシートプリンタなどは必ず揃えておいた方が良いです。
これらの機器が無いと業務の効率が落ち、お店のサービスの質が低下してしまいます。

人気のiPadレジサービスの特徴とは?

居酒屋経営にはPOSレジがおすすめ!メリットや導入時の流れも紹介

人気のiPadレジサービスにはどのような特徴があるでしょうか。
各サービスを紹介していきます。

エアレジ

エアレジは初期費用0円で始められます。
国内では一番知られているiPadレジサービスです。
割引や割増料金の設定変更が簡単にできますし、電子マネーの決済に最初からい対応しています。
インターネットに問題が発生したときにもオフラインで会計機能を使うことが出来ます。

スマレジ

スマレジはコストが安いにもかかわらず高機能という特徴があります。
すでに全国の数万店舗が導入しています。
他社の周辺機器や会計ソフトと連携しているため、導入を簡単にすることが出来ます。
使い慣れた会計ソフトをそのまま使えるのは大きなメリットです。
無料プラント有料プランがあります。

ユビレジ

ユビレジは使っているユーザーからの評価が高いサービスです。
継続率が約100パーセント近いため、既存ユーザーの満足度が高いことが分かります。
会計のテンプレートが見やすくて使いやすいですし、会計をしたときにメモや写真を残しやすくなっています。
有料プランに加入すると24時間のサポートサービスを受けられます。
売り上げの情報を共有する機能やレポート機能が充実しています。

スクエアレジ

アメリカの会社が提供するのがスクエアレジです。
スクエアレジはipadでもAndroid端末でも利用できるサービスです。
世界中で数百万の事業者が使っているため、インターフェースが洗練されていて使いやすいです。
有料プランを契約するとシフト管理をすることが出来ます。

iPadレジについてくる機能を紹介

POSデータとは?データ分析の方法から活用事例まで徹底解説!

iPadレジにはどのような機能が付いているか紹介します。
まず最初に取り上げるのは商品管理が出来る機能です。
すべての商品の定価とセール特価などを管理が出来ますし、商品名の変更も簡単に行えます。
店舗ごとに商品の売り上げ情報を確認することも出来ます。
会計をする度に、在庫の情報が更新されていきます。
リアルタイムで在庫の状況をチェックすることが出来、発注のタイミングを見極められやすくなります。
発注の量や価格などを決めるのも簡単になりますよ。
売り上げの情報はすべてクラウド上に保存されます。
そのため、どこの店舗からでも同じ情報にアクセスできます。
収集したデータはグラフや数値化されるため、後から分析しやすくなっています。
顧客ごとに購入履歴を管理できるので、お得意様に特別なサービスや前回の購入を踏まえた提案をしていけます。
iPadレジを使うとシフト管理や予約管理も行えます。
スタッフのシフト情報と退勤の記録を取れるので、従業員の管理が簡単になります。
シフト管理のために人件費をかけなくても良くなるのは助かります。
予約管理も簡単にしていけますから、空席率を減らしたりキャンセル率を減らしたりすることも可能です。

iPadレジに必要な周辺機器をピックアップ

POSレジ導入には「リース」がおすすめな理由と貸出価格の相場

iPadレジに必要な周辺機器は下記の二つです。

★キャッシュドロア
★レシートプリンタ

キャッシュドロアはお金の出し入れに欠かせない機器です。
今までのレジスターは本体にキャッシュドロアが付いていましたが、iPadレジの場合は別途購入しなくてはなりません。
レシートプリンタも必要不可欠です。
少しずつ紙のレートでは無い電子レシートが増えてきているものの、まだまだ紙レシートの需要は大きいと言えます。
レシートプリンタにはレジの横に置いておく据え置き型と、持ち運びが出来るモバイル型があります。
従業員の腰に付けておけるモバイル型は店内が広かったり、イベントをしたりするときには便利です。
ベンタ−によってはレシートプリンタがプランの中に含まれていることがありますよ。
前もってベンタ−に確認するようにしてください。
他にもバーコードリーダーやPOSキーボードなどがあると便利です。
どんな周辺機器が必要になるかは業種によって変わってきます。
何が必要かを考えてから購入するようにしてください。

どんな業種にiPadレジがおすすめなのか

ipad

業種ごとに、どのようなiPadレジやサービスが必要なのかチェックしてみましょう。

飲食業

飲食業ではiPadレジに加えてメニューを効率よく取れる周辺機器が役立ちます。
特にメニュー数が多かったり毎日変わるような生鮮食品を扱っていたりすると、オーダーエントリーサービスがあると便利です。
テーブルでお客さん自身が注文をしてくれますし、メニュー変更も簡単に行っていけます。
注文情報を集計してグラフ化してくれる機能も重宝します。
売れ筋メニューの見極めや、年齢ごとの嗜好を分析することが可能です。

小売業

小売業は商品管理と在庫管理が効率よく出来る機能を重視してください。
iPadレジを使うなら、どんな商品がどれくらい売れているのかを管理できます。
在庫がどれほど残っているかもリアルタイムでチェックしていけます。
この機能があれば棚卸し作業や発注作業が楽になりますよ。
従業員の負担を和らげてあげられます。

サービス業

サービス業は顧客へのおもてなしとオーダーメイドのサービスが求められます。
iPadレジを使うなら個人情報を管理し、スタッフ間で情報を共有することが可能です。
どの従業員がお客さんに対応しても、前回の履歴を元にサービスをすることが出来ます。

複数店舗の業種

チェーン店などたくさんの店舗を持つ業種は、情報の一元化が大切なポイントです。
すべての店舗の売り上げ情報や顧客データを一元化すれば、本部や全スタッフがお店の課題を知ることが出来ます。
経営戦略を立てる上でも役立つデータを取得していけます。

iPadレジについて知っておきたい情報まとめ

iPadレジを導入したいときには、インターネット環境が必要なことを知っておきましょう。
安定していて速度がある程度出るインターネット環境がないとiPadレジの実力を発揮できません。
wifiが不安定だったり繋がりにくかったりするなら、業務に支障が出ることがあります。
無料のiPadレジサービスはサポートサービスが充実していないこともありますよ。
初めて利用するときには、サポート体制がしっかりしているベンターを選ぶと安心かもしれません。

iPadレジの導入を検討しているなら、月額費用と初期費用についてよく考えてください。
選ぶプランによって月額費用は違ってきますし、どれほど周辺機器を揃えるかによって初期費用の価格も変わってきます。
自分の業種やお店にはどれくらいの機能があれば良いのかを考えたり、どんな周辺機器が必要かを検討したりすると無駄に高いお金を支払わずに済みます。
人気のiPadレジシステムにはお試しサービスや無料プランがあります。
まずは無料のものから初めて、徐々に必要な機能とは何かを見極めていく方法もおすすめです。
周辺機器はキャッシュドロアやレシートプリンタがあればすぐに困ることは無いでしょう。
とりあえず、この二つの周辺機器は揃えるようにしてください。
これらの情報を参考にしてiPadレジを使いこなしていきましょうね。

POSレジに必要な周辺機器一覧。業種別おすすめ組み合わせもご紹介!

PR:売上集計から給与計算までワンストップ!飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」

✅導入件数1.000件

✅顧客満足度99.9%

✅サービス継続率98%

✅110000円〜プランをご用意

ワンレジはここが違う!3つのポイント

POINT1飲食店の経営者が開発

飲食店だけのために、本当に便利な機能が満載!店長を10年、経営を15年経験した当社代表が全ての機能を監修し「飲食店特有の帳票、機能」の全てに対応をしています。

POINT 2スタッフに不正をさせない

スタッフを絶対に犯罪者にしない!飲食店の不正は「勤怠不正」と「金銭不正」です。これらを防ぐ機能があるPOSレジなので、安心してお店を任せることができます。

POINT 3毎日、今日の利益を確認

飲食店経営のキモは毎日の利益管理です!「タイムカード⇒人件費率計算」「仕入⇒原価率計算」そして固定費管理ができますので、毎日自動で給与計算、利益計算ができます。

売上集計から給与計算までワンストップ!飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」

ワンレジの充実の機能

リアルタイム営業速報

売上、来客、スタッフ出勤がスマホで見れます。

給与計算

土日、深夜、ヘルプupなど、自動計算します。

売上アップ

顧客リストからメール、DMリストを作れます。

顧客管理

ハンディーに顧客名を表示しお名前で接客ができます。

タイムカード

打刻時に写真を撮って勤怠不正を防止します。

監  査

レシート修正を完全監視、金銭不正を撲滅します。

ABC分析

商品の出数、売上、利益がランキングで見れます。

遠隔サポートサービス

1年休まず電話サポートしますので安心です。

ワンレジの機能を詳しく知りたい方はこちら

信頼の機能とサポートで、沢山の方にご紹介頂いています。

一般的な飲食店の廃業率は年間約30%

ワンレジのお客様の廃業率は年間2.3%!

利益を詳細に見ることが飲食店継続の一番のポイント!

毎日の人件費、毎日の原価率、毎日の利益をしっかり見て、把握することが飲食店を長く続けるポイントです!

お客様の声 IMPRESSIONS

お客様からお喜びの声を多数頂きました。

ワンレジのコンセプトは、徹底した現場主義。

飲食店長10年、

飲食店経営15年、

さらに飲食店の経営者約1,000人と直接面談をした弊社代表が企画監修をしています。

だからこそ『かゆいところに手が届く』気が利いた機能各種がここにあります。

たくさんのお客様に喜ばれ、広告費をかけずにご紹介だけで売れ続けています。

個室居酒屋 番屋

東京赤坂店

居酒屋

一度に大量のオーダーが入ってもすぐ対応。

現場のストレスを解消してくれました。

le petit tanneau

東京虎ノ門

ビストロ

売上の良い商品が明瞭に。

メニュー展開の活用へ。

メニュー分析をすると、どの商品がどのくらい売れているかが一目でわかる。

GREEN ASIA

東京六本木店

アジアンレストラン

以前お越しいただいたお客様の履歴をすぐ遡ることができるので、その都度どういったメニューをご提供したか等を注文履歴を見て確認しています。

じょうもん六本木店

業態:居酒屋 地域:東京

他の会計ソフトは要らないですね

ONEレジは本当に便利で使いやすいです。基本的なレジ機能はもちろん、スタッフの給与計算もやってくれるので、他の会計ソフトは要らなくなりました。

人件費や原価率、仕入れ機能も付いているし、「経営分析ツール」では売上に関するグラフも自動的に作ってくれるので、毎日の業務だけでなくメニュー開発などの会議や経営方針を考える上でも、とても助かっています。

かゆいところに手が届く機能が満載で、使えるものばかりです。開発に携わった飲食店経営者の方を信頼してよかったと思います。

お気軽にお問い合わせください。

丁寧で、迅速な対応をお約束します。どのような内容でもお気軽にお問い合わせください。

売上集計から給与計算までワンストップ!

飲食店経営歴15年のプロが作った店舗経営のためのPOSレジ「ワンレジ」