東京都豊島区 紅れや 池袋西口店|利用者の声|飲食店専用POSレジならワンレジ

  • お電話
  • menu
close
0120-90-5199営業時間:平日10:00〜19:00
  1. 飲食店専用POSレジ ワンレジ
  2. 利用者の声
  3. 東京都豊島区 紅れや 池袋西口店

不正リスクを未然に防止して、スタッフのコミュニケーションを円滑に!

東京都豊島区 紅れや 池袋西口店
一風変わった牛タン料理が味わえると話題の東京・池袋にある「紅れや」。池袋西口店では、丁寧に薄切りした牛タンをテールスープでしゃぶしゃぶしていただく「牛タン焼きしゃぶしゃぶ」など他では味わえない牛タンメニューに出逢うことができる。盛り付けの華やかさや昨今のヘルシー志向ブームから、20代~30代の若い女性を中心に店内は賑う。
「紅れや」ではもともと他メーカーのPOSシステムを導入していたが、出退勤機能が使いづらく不正打刻が発生しやすい仕様だったことから、不正リスクを防ぐことが出来るPOSレジの導入を検討していた。

出退勤に関する課題を解決できるレジへの切り替えが急務でした。

以前は別メーカーのPOSシステムを導入していました。レジ自体の使用感については大きな問題はなかったのですが、それに付いていた出退勤機能が、ログインすれば誰でもデータの記入や書き換えができてしまうタイプのもので、しかも打刻をするのに手間がかかるという理由から打刻漏れも多い状況でした。結果として勤務状況の管理が実態と異なりかねない状況となっていたため、本部がこの管理体制に対して問題意識を持っていました。タイミング的に当時使っていたレジシステムの契約がちょうど切れる時期に差し掛かかっていたこと、軽減税率対応レジに交換をすると国から助成金が出ることなどの理由から、2018年5月頃にレジの切り替えを実施。同じグループ内の別系列の店舗で3年ほど前からワンレジを導入しており、課題となっていた出退勤機能が優れているという理由から、当店含め全ての系列店舗のレジをワンレジに交換することになりました。

 

勤怠の不正防止や不正に伴う業務負担を減らすことができる。

当店に異動してくる前にわたし自身がワンレジを使っていたことがあり、使い方がわかりやすくシンプルな操作性を気に入っていました。それに加え、やはり出退勤における不正防止や不正に伴う業務負担を減らすことができる点がワンレジを導入した最大の決め手です。以前使っていたPOSシステムは出勤簿を誰でも自由に入力・書き換えできるため、不正打刻ができてしまう環境に課題を感じていました。ワンレジの出退勤機能は、出退勤記録が打刻者の写真とともに残るので「誰が」「いつ」出勤した・退勤したということが明確にわかります。ログも遡りやすいため、万が一実態と違う記録があったとしても本人にわざわざ確認をする必要もなくなったため、勤怠管理に伴う不要な業務負担が軽減されたように思います。
また、以前はPOSシステムとレジが別々に分かれていて集計業務などがやりづらかったため、レジシステムの一括管理ができるように整えたいと思っていたこともあり、POSシステムとレジが一緒になっているワンレジはこの希望も叶えるものでした。

 

遠隔で店舗状況が把握できる!勤怠管理に加え経営数値の管理も格段にやりやすくなりました。

出退勤管理において打刻漏れや不正打刻が解消できたことはもちろんですが、売上や予約人数などの数字がリアルタイムに反映され、売上分析がより手軽にできるようになった点も便利に感じているポイントです。以前使っていたPOSシステムにもそのような機能はあったのですが、ワンレジでは時間別売上や来店客の男女比や年齢層、一組当たりの客数比率といった細かい数字まで分析することができるので、メニューの検討やキャンペーン情報など今後の対策にも活用しています。
わたしが休みの日や別の業務などで現場を離れている日など店舗にいない場合でも、iPadなどの端末からこういった数字を確認することで店の様子がわかるので、何かあった場合でも対応しやすいですし、翌日出勤した際も前日の状態を事前にある程度は把握できるためすぐ業務に取りかかることができることも有難い点です。
また、パソコン上でメニュー設定や変更が手軽にできるのも助かっています。当店では、グランドメニューでも半月に1回は変更しており、今までは前日の営業時間後に遅くまで残ってメニュー変更に伴う業務に追われていたのですが、今はあらかじめ時間があるときにパソコンで設定し予約をしておけば、該当日に自動で切り替わってくれるのでメニュー変更の際の作業負担も減りました。ワンレジを導入して以降、様々な業務がぐっと効率化されています。

 

権限を分けて不正リスクを未然に防止。強化した管理体制を定着させていきます。

アナログで管理していると、たとえ悪気がなくても勘違いや記憶違いなどで起こってしまう「事実と異なること」がどうしても発生しやすくなります。当グループでは、金額修正は不正防止のため店舗内ではなく、本社の人間や限られたスタッフでしか変更できないように権限を分けています。システムでしっかり管理ができると、スタッフも良い意味で緊張感が走り現場の空気も引き締まります。管理体制の強化を一番の目的としてワンレジを導入したので、今後はこの体制をしっかりと定着させていきたいです。また、ワンレジさんは飲食店の要望や不満を随時吸い上げて機能のアップデートや改善を行っていると聞きましたので、今後のバージョンアップも楽しみにしています。

※取材当時は旧ブランド「はんじょうPOSレジ」をご利用されています。

 

「だれが」「いつ」「どこで」「どのような状態で」勤怠打刻をしているか?
これら全てを含む勤怠ログ機能がついているワンレジ。
記録は証拠となり、証拠は安心に繋がっています。
管理者権限が付いた機能もその一環。
事実のみを記録し、勤怠不正のやった・やらないの水掛け論も発生しないので、お互いが安心して働ける環境になりました。
紅れやさんで頻繁に発生するメニュー変更への対策としては、事前にPCへメニュー入力し、設定・予約・自動変更の機能を活用されています。これにより深夜作業は激減。レジの見直しが、業務の見直しとなりました。
経営のパートナーとして、ワンレジは今日もお客様に寄り添い続けます。

紅れや 池袋西口店

公式サイト: https://kureya-ikebukuronishiguchi.com/
住所: 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-38-3 b-toss池袋5F
電話番号: 050-5269-8162
営業日: 毎日営業
営業時間: 月~金、祝前日: 12:00~15:00 (料理L.O. 14:30 ドリンクL.O. 14:30) 17:00~23:30 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:00) 土、日、祝日: 12:00~23:30 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:00)