東京都足立区 食堂イヌワシ|利用者の声|飲食店専用POSレジならワンレジ

  • お電話
  • menu
close
0120-90-5199営業時間:平日10:00〜19:00
  1. 飲食店専用POSレジ ワンレジ
  2. 利用者の声
  3. 東京都足立区 食堂イヌワシ

すべてがアナログの管理体制から一新。大幅な業務効率化に成功。

東京都足立区 食堂イヌワシ
北千住駅を降りて商店街を進んだ先に見えてくる、アットホームな外観が特徴的な食堂イヌワシ。木のインテリアで統一されたおしゃれなバルで、ワインを飲める「中華ダイニング」として20代~30代の男女に愛されている。中華ダイニングと謳っているだけあって、人気の看板メニューは痺れる辛さが癖になる「爆裂マーボー豆腐」だが、ラム肉のエスニック餃子やイベリコ豚のポルチーニの焼売など、ここでしか食べられないユニークな手作りの創作点心も捨て難い。
食堂イヌワシを含め4店舗の系列店では、4年前までオーダーも会計もすべてアナログスタイルで対応していた。規模の拡大とともにレジの導入がいよいよ必要となった。

マンパワーが限界に。アナログ管理体制を改善するために導入を検討。

ワンレジを導入したのは今から4年ほど前のことです。食堂イヌワシを含め全部で4店舗ある系列店すべてに導入しました。実はそれまでは、どの店舗にもレジらしいレジがなく、あるのは金庫ぐらいの環境だったんです。オーダーが入れば手書きの伝票に記入し、会計時にはその伝票を見ながら電卓で計算、会計を出していくというアナログなスタイル。そのやり方をオープン以来ずっと続けてきました。しかし、規模が拡大するにつれて、マンパワー的にも限界がきたことから、そろそろレジ周りの環境を整えようという話が持ち上がりレジ導入を本格的に検討することになりました。そこで比較サイトで見積もりを依頼。「レジ周りの業務がスムーズにできること」「出退勤の記録・管理がしやすいこと」「売上や原価、利益の管理が手軽にできること」をポイントに、5、6社ほどネット上で比較検討を始めました。

 

機能のバランスの良さと社長の人柄が導入の決め手に。

ワンレジを含め2、3社とお話しした結果、欲しいと思っていた機能がバランス良く備わっていたのがワンレジでした。しかし機能以上に決め手となったのは、片岡社長の人柄です。飲食出身とお伺いして、「この方なら、現場の気持ちをわかっているのではないか」と考え、ぜひお願いしてみようと思ったのが導入に至る最大の理由ですね。
また、今までアナログ体制で業務を行っていたので、導入にあたっては「少しバタバタするかな」「慣れるまで時間がかかるかな」と心配していましたが、導入時の設定はほぼワンレジ営業担当の方にご対応いただいたため、特に困ったりトラブルになったりすることはありませんでした。万が一何かが起きたとしても、24時間体制でサポートがしっかりしているので安心です。このサポート体制の手厚さも、導入の決め手のひとつとなったと言っても過言ではありません。

 

業務効率化が実現。オーダーから会計までの流れが楽になりました。

ワンレジを導入して最も楽になったのは、やはり会計処理です。オーダー内容をハンディ端末に入力してボタンを押せば、レジに情報が共有され瞬時に合計金額が出てきます。この点がレジを導入して最も便利に感じている点です。また、厨房に注文内容を共有する際もとてもスムーズになりました。当店は3階建てなので、今までは注文を取るたびに1階にある厨房まで降りていきオーダーを担当者に伝える必要がありました。今ではハンディから注文内容をそのまま端末に転送・共有できるので、すぐに調理に取りかかることができ効率化につながっています。
さらに効率化の点で言えば、出退勤の記録機能にも随分と助けられています。今まではタイムカードすら使わず手書きで出退勤を記録していましたので、シフトを組んでいるアルバイトの場合、記入漏れや記入ミスがあることもしばしば。そうすると、記憶に頼らざるを得ず、正確な記録ができませんでした。しかし、今ではデータ上でしっかり管理できていますし、人件費の管理や給与明細の出力も一気にかんたんになりました。

 

作業効率が上がった分、データを活かした店舗経営を実現したい。

今まで抱えていたレジがないことによる悩みやトラブルがほぼ払拭され、作業効率が格段に上がりました。日報や売上資料なども全てデータで記録・管理され、検索すればすぐに遡ることができるのでとても助かっています。前年との比較もずいぶん簡単にできるようになったので、今後はこういったデータも活用して店舗経営に役立てていきたいと考えています。
それからつい先日、機能のアップデートがありオプションの変更がよりラクにできるようになりました。当店はマーボー豆腐が名物なのですが、このマーボー豆腐を頼む時に少なめ・辛めなどのオプション変更が今までは煩雑だったんです。それがワンタッチでかんたんに対応できるようになりました。今後もこのように、現場のリアルな声や元飲食店経営者としての経験や知見を活かした機能開発やアップデートを期待しています。

※取材当時は旧ブランド「はんじょうPOSレジ」をご利用されています。

 

手作業で行っていた業務がワンレジを導入することで、すべて効率化されました。
オーダーは注文を受けた3階から1階の厨房まで駆け下り、伝達。会計は手書きの伝票を早打ちで電卓にて行っていたものの、効率の悪さに頭を悩まされてきました。アナログスタイルは手軽に記載、修正ができる利点はありますが、手書きが故の細かなミスが発生しがちです。会計忘れというお悩みを抱えたお客様も、しばしばいらっしゃいます。
ワンタッチで完了するこのワンレジは、利益を逃さず、スタッフさんの働きやすさにも繋がっています。
飲食店経営者ならではの視点から「見やすさ・使いやすさ・費用対効果」を大切に、リアルユーザーに寄り添ったPOSレジです。

食堂イヌワシ

公式サイト: https://syokudou-inuwasi-kitasenjyu.owst.jp/
住所: 〒120-0034 東京都足立区千住4-19-13
電話番号: 03-5888-5144
営業日: 月曜日以外営業
営業時間: 火~土 祝前日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)/ 日、祝日 17:00~23:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30)