東京都足立区 osteria SANZOKU|利用者の声|飲食店専用POSレジならワンレジ

  • お電話
  • menu
close
0120-90-5199営業時間:平日10:00〜19:00
  1. 飲食店専用POSレジ ワンレジ
  2. 利用者の声
  3. 東京都足立区 osteria SANZOKU

決め手は「人」。飲食店出身の代表・片岡社長に心動かされ導入を決意。

東京都足立区 osteria SANZOKU
綾瀬駅から徒歩2分、手作り感のある外観が素敵な「オステリア サンゾク」。世界各国のビールやワインを片手に、おいしい創作イタリアンが堪能できると、地元民からも人気のお店。中でも注目なのは、「ハマグリの白ワイン蒸し」「たっぷり魚介のブイヤベース」「鶏もも肉のスペイン風煮込み」といった、ストゥブ鍋でつくる魚介やお肉の料理たち。素材を活かした煮込み料理は、口にいれば旨みがほろほろと溶け出し、お酒との相性も抜群!ハンガリーの国宝に指定されたという、マンガリッツァ豚のソーセージもオススメの一品だ。そんなオステリア サンゾクが「ワンレジ」を導入したのは約4年前のこと。お会計や出退勤管理をすべて手動で行っていたことから管理が煩雑となっていた実態を改善すべく、レジ機能と出退勤管理がついたレジシステムを探していた。

「どんぶり勘定」となっていた管理体制を改善するために導入を検討。

当社は現在4店舗経営しておりますが、最初にオープンしたのがこのお店です。その創業当初から「ワンレジ」を導入するまでは、オーダー伝表や会計、出退勤記録など、ほぼすべての作業を手書きで行っていました。そのためどんぶり勘定になっており、管理体制がなあなあになってしまっていた面も正直あったかと思います。「このままではよくない」と思い、レジ機能とタイムカードが一体化したレジシステムを探していました。中でも機能面で重要視したのは、「レジ周りの業務がスムーズにできること」「出退勤の記録・管理がしやすいこと」「売上や原価、利益の管理が手軽にできること」の3点。ネット上で検索し、5、6社ほど比較検討しました。その中で「ワンレジ」含む2、3社に絞り、実際来ていただいてお話を聞きました。

 

最終的に「人」が選ぶ決め手に! 人柄に心動かされて導入を決意。

何社か比較検討させていただき、一番欲しいものが揃っていたのが「ワンレジ」でした。価格のバランスも良かったですね。そして、代表の片岡社長にご訪問いたただき直接お話をした際に、飲食店出身の方が作ったシステムという点に魅力を感じたことに加え、片岡社長の人柄に惹かれたというのも大きいです。やはり最後に選ぶポイントは「人」になると思います。導入時も、マニュアルを配布して「はい、終わり!」ではなく、ワンレジの担当者さんが実際に来店し、社員全員を集めて研修を行っていただきました。パソコンのログインの仕方からハンディの細かい扱い方に至るまで、懇切丁寧に教えてくれました。今のアルバイトやスタッフたちはもう世代が変わって、こういった機器や端末に慣れているので特に感動はありませんでしたが、それこそ以前働いていたスタッフがたまにお店に来てハンディ端末やPOSレジを見ると、「便利な時代になったなあ」と感動していましたね。

 

接客面も経営面も劇的に変化!負担だった日々の業務をワンレジがまとめて代行。

「ワンレジ」を導入したことで、日々の業務面も経営面も劇的に変化しました。例えば、オーダーから会計までの一連作業。今までは手書き伝票に注文を書き、厨房に伝えていました。会計時にはその手書き伝票を見ながら電卓を叩いて金額を出す、というスタイルです。手動会計を行う分、計算を間違えることもありましたし、注文した内容の明細もなかったため、お客様は合計金額しか見れない状況でした。新規のお客様にとっては特に、不安材料になってしまいますよね。それが「ワンレジ」を導入してからは、ハンディ端末で注文を受ければすぐにPOSレジ端末にも内容が共有され、打ち間違いや金額・数量の把握ミスなどで金額が異なってしまうというトラブルともほぼ無縁になりました。今まで出すことができなかった「仮レシート」を出して、オーダー内容を確認してもらうこともできるようになったので、一連の業務がグッとスムーズになりましたね。
さらに経営面でいうと、今までは原価、仕入れの量、人件費などの全店の数字分析はすべて自分がやっていました。もちろんまとめてではなく日毎週毎やっていましたし、ある程度は税理士さんにお願いしていたのですが、それでもかなり時間がかかるので、休みも制限されてしまっているような状況でした。「ワンレジ」を導入してからは自分が負担していた業務をほとんどカバーできるようになったので、作業時間が減り、休みも増えました。 でも、休みが増えたとしてもやはり店の様子は気になるんですよね。そういった自分が現場にいない日でも、「どれぐらいお客様が入っているか」「現在の売上はどの程度なのか」といった情報がリアルタイムに見られるのでありがたいですね。自分の店舗の情報だけでなく系列他店の情報を見られる点も気に入っています。

 

データが蓄積されることで過去の数字比較がやりやすく。よりよい環境整備を目指したい。

「ワンレジ」を導入したことにより、数字関係は把握しやすくなりました。手書きで書いた資料はパソコンの中に保存しているものやクラウド上に保管されているものと比べて、なかなか見返す頻度が少なくなってしまうように思います。今では「前年はどうだったのか?」「この時期はどんな傾向があったのか?」といった資料や過去のデータを引き出すことがやりやすくなったので、分析がしやすくなりました。また、人件費も細かく見ることが可能になり、どの時間帯にどれぐらいのスタッフを配置すれば的確なのかを視覚的にわかるようになったことも、大きなメリットですね。便利な機能により各々の作業時間も短縮され、導入前と比較して人件費も若干コストカットすることができました。比較対象となるデータもたまってきたので、今後はこれを元によりよい環境をつくっていけるよう改善を繰り返していきたいです。

※取材当時は旧ブランド「はんじょうPOSレジ」をご利用されています。

 

オステリアサンゾクさんの心を動かしたのは、弊社代表の「飲食店に対する想い」でした。
導入時の使い方レクチャーや丁寧なサポートは、今後長くご使用いただくうえで大きな安心に繋がります。
導入後も店舗用のマニュアルだけでなく、24時間365日対応のコールセンターも併せてご用意しておりますので、困ったときには即時対応できる体制が整えられています。
ワンレジ導入の効果として、蓄積されたデータをもとにスタッフさんの配置も見直すことができ、人件費の削減も実現。
管理画面で一括管理をすることで店長さんの業務負担も軽減され、大きなメリットになっています。

osteria SANZOKU

公式サイト: https://osteria-sanzoku-ayase.owst.jp/
住所: 〒120-0005 東京都足立区綾瀬2-24-8
電話番号: 03-3604-3351
営業日: 月曜日以外営業
営業時間: 火~木 18:00~翌1:00 (料理L.O. 翌0:30 ドリンクL.O. 翌0:30)/金、土、祝前日 18:00~翌2:00 (料理L.O. 翌1:30 ドリンクL.O. 翌1:30)/日、祝日 18:00~翌0:00 (料理L.O. 23:30 ドリンクL.O. 23:30)